そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

救急車を呼べば良かったと後悔。

痛風発症から4日。
上半身は動かせるようになったけど、膝が痛くてまったく立てない夫。

ポータブルトイレを買っておいて良かった。
それにバケツ用の紙パックも。
使い捨てゴム手袋とマスクがあるから片付けも思ったよりは楽。

紙パックには小は4回分OKって書いてあるけど、1ℓだと2~3回が妥当かな。

薬と膝を冷やす湿布が無くなったので町内の医院に行かないと。
でも、まったく立つことが出来ない。
片手で杖を持ち、私の肩を貸してもお尻をついてしまう。

「両膝が痛風の発作で立てないし、微熱もあるので薬だけいただけないか?」と電話した。

事務員さんが先生に聞いて来てくれて、
「来てもらわないとダメなんです。診察しないと痛風かどうかの判断も難しいそうです。駐車場まで来ていただけたら車まで診察に行きます。」

抗がん剤治療をしてるので外出はほとんどしていないしコロナの心配はないと思うと伝えたけど・・

「痛風は両膝に出る事はありません。動けない様でしたら救急車を呼んだ方がいいですよ。」

えっ? 救急車!?

やっぱ救急車を呼ぶレベルだったんだ。

救急車を呼べば良かった。後悔!!

以前は尿酸値が高かったし一ヶ所だった。でも近年数値が低いのに発作を起こす。それも2か所。ちょっと前から痛風にしては変だと思っていた。偽痛風を知ったのは割と最近。

やっぱり偽痛風(ピロリ酸カルシウム)かも知れない。調べるとぴったり当てはまる。

待てよ、先生はがん性の熱を心配しているのかもしれない。
腹水は? お腹に筋肉は無く柔らかいけど、腹水で膨らんでる様子もない。

あ~ あの時救急車を呼んでいたら。後悔しきり。
抗がん剤治療の大きな病院でいろいろ検査してもらえたかもしれない。
次回、同じような状況になったら絶対救急車を呼ぼうと誓った。

5日後の夜。
時間はかかるけどトイレには行けるようになった。
食べられる量も増えたけど・・・微熱は続いている。

このままでいいかとても不安。

そんな中、お義姉さんの通院日がやってくる。

続きます。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと応援して頂けると励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です