そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

腎臓と肝臓の数値も悪くなった。

抗がん剤点滴の日、いつもと同じ状況と思って診察を受けた。

創造に反して「腫瘍マーカーの数値が上がってしまった。」と先生から告げられた。
少しづつ下がって来てたのに。

夫は残念そう。ビックリした顔で先生を見ている。
先生がPC画面を見せてくれた。
腫瘍マーカーは確かに上がってしまった。

腫瘍マーカーの数値が悪くなった。夫の抗がん剤投与日。 私はいつもより30分早く起きて準備する。 家の玄関から車に乗るまでが大変だった。 私が支えるけど基本自分で歩...

先生:腎臓と肝臓の数値も悪くなってるんですよ。これ(腎臓)は最初からなんでいいでしょう。
黄疸の数値も受けられないほどじゃないし。今日受けられますよ。やりましょう。

黄疸って言葉にちょっと不安がよぎった。

夫は何も言わない。
以前から「先生の言う通りにする」って言ってたので、私が「はい」って答えた。
私としては流れに任せる感じだから、先生と夫がやるって言うなら面倒を見るよ。





点滴することが決まり、翌日の皮下注射と次回の抗がん剤の予約を入れた。
珍しく先生の方から「腹水はどうですか?」って聞かれた。

夫はさっきの驚いた表情のまま返事もしない。

私:徐々に増えてますよ。
上着の裾を上げるとズボンのゴムが結んであるのが見える。

私:前(抜く前)はここまで膨らんでましたから、ゴムにもまだ余裕があります。
先生:結構溜まってますねー。
前回(前回の診察)と比べるとシワが無いですよね?溜まってますね。足は?

私:浮腫んでますよ。

先生:どうにも苦しくなったら、カートなり、抜くなりしましょう。
抜けば楽になることはわかってますからね。

私:我慢強いんで、かなり酷くならないと言い出さないと思います。
その時はお願いします。

先生:私が居ない日でもほかの先生が処置してくれますから大丈夫です。

夫は何も言わないまま。
自分のことなんだから病状を説明すれば良いのに。

続きます。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です