そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

数値が悪い。「先生も見切りをつけたか。」

抗がん剤点滴の日、腫瘍マーカーのほかに腎臓と肝臓の数値も悪いと告げられた。
先生から「やりましょう」って言われても、なかなか返事をしない夫。

「先生の言う通りにする」夫の中ではやらない選択は無い。
代わりに私が「はい」って答えた。

腎臓と肝臓の数値も悪くなった。抗がん剤点滴の日、いつもと同じ状況と思って診察を受けた。 創造に反して「腫瘍マーカーの数値が上がってしまった。」と先生から告げられ...

数値が悪くなったって言われ、流石のポジティブ男も落ち込んでる様子。

点滴ルームのベッドに横になりながら力無く言った。

先生がっかりしたな。もう見切りをつけたな。
そんなことも無いんじゃない。再発した頃に比べたら悪いほどでは無いって言ってたじゃん。効いてるから抗がん剤もやるって言うし。

返事は無かった。それほど本人が落ち込んでる。

私的には腫瘍マーカーより体調に直結する腎臓と肝臓の数値が気になる。

腹水は徐々に増えてて足も浮腫んでる。腎臓の機能が衰えてるに違いない。
体調によっては抜くだけになるかもしれない。

黄疸も出てきたんじゃ肝臓にまで癌が進んでるのかも。





2日後、仕事中LINEが来た。

今日は具合が悪い。お粥にして。お風呂は休む。

お風呂はいつも休みたいんだけど、お粥にはちょっとびっくり。

「入院するとお粥が出るから嫌だ」なんて言うくらい嫌いだから。
なのにお粥にしてくれって、かなり具合が悪いのかも。

家に帰ったら、仰向けで目だけ動かして口をポカンと開けている。
もう終わりなのかって感じ。

続きます。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援してく頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です