そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

花粉症の薬が保険適用外になったら困る。だけど・・。

私はひどい花粉症です。昔よりはだいぶ軽くなりましたが、かなり重症です。

2~4月はスギ花粉で鼻づまりがひどく、毎日毎日暗く苦しい時期を過ごさなければなりません。唾が飲み込めないほどの鼻づまりなんです。もちろん目も痒いし。5月のイネ科の花粉では咳が止まりません。薬を飲まないと鬱になってしまいます。

市販薬でも大きな負担にはならないらしい。

健康保険組合連合会が、花粉症治療薬を医療保険の適外にすべきだとの提言をしたそうです。(医療機関と市販薬で同じ成分)

私のひどい花粉症、マスクと薬で防御スタイルがやっと決まってきたところなのに。保険適用外になったら金銭的負担が大変!困ります。

そう思っていたら市販薬の方が安い場合もあるし、お医者さんだと診察料もかかるし。経済的にはそんなに大きく違わないみたいですね。

そうなると、これからの保険財政を考えると仕方ないかなぁ。なんて思ったりもします。

成分が同じでも効き目(含有量等)ってどうなんでしょう?同一の薬なんでしょうか? 「市販薬は効き目がイマイチ」なんて聞いたことがあるので不安です。

私としては、他の病気との関係や副作用の相談もかかりつけ医なら気軽るに出来るので、保険適用のままでお願いしたいです。

湿布、風邪薬・ビタミン剤も保険適用外になる?

湿布や風邪薬、ビタミン剤も保険適用外になるかも知れません。確かに大量にもらっている人がいますよね。

配ったり捨てたりしてる話も耳にします。

市販でも買える薬は保険適用外にして、その分自己負担になってる高額な治療を保険適用にする狙いだそうです。

そういう話を聞くと仕方ないかなぁって渋々思います。負担が急激に増えないのであれば協力しなければ( 一一) (市販薬の効き目が同じかどうかが問題ですが)

人口が減って健康保険財政も心配ですよね。

きうい

ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
関連記事
きういの日記

「分からないもんだね。」夫婦の力関係。

2018年12月19日
懸賞好き そそっかしい主婦きういのブログ
昨日、近所の仲良しご夫婦の投稿をしました。奥さんが今あるお墓に入りたくないと。そのことが原因で「夫婦って分からないもんだね」では無く、 「この前、家に行った時にちょっと意外な …
きういの日記

コミュニケーションの一つ。話す相手の名前は知っていた方がいいと思う。

2019年3月16日
懸賞好き そそっかしい主婦きういのブログ
ジムでの出来事、数人で「〇〇さんは今日は休みだね」と話をしていました。 隣にいた男性が「よく人の名前を覚えてますね」と私に言います。 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です