そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

胃がん!アフラック「がん保険」があって良かった。

入院した翌日。

先生が説明してくれると夫からLINEが来た。
仕事が終わった後でもいいと言うので夜になってしまった。

病室に入ると元気の無い夫。

夫:やっぱり悪性だそうだ。肺も悪いらしい。

しょんぼり「がんだな。」でもがん保険が使える。立派な個室のベッドにしょんぼり座る夫。 さっきまで「もう大丈夫だから。自分で出来るから。」って看護師さんに言ってたのに。 看...

私:肺がんだったらもっと息が苦しかったりするんじゃない?でもちょっと声がかすれてるような気もするなぁ。あっ、それは肺じゃないか。先生に聞いてみるよ。

声は肺に関係ないよね。余計な事を行ってしまった。
本当に肺にまで転移してるならかなり重症。胃がんと肺がん。今後どうなってしまうんだろうと不安が募る。本人はもっと不安だよ。

7時過ぎに着いたけれど、先生は嫌な顔もせずに副担当の先生と一緒に病室に来てくれた。胃カメラの写真を見せてくれて

先生:潰瘍はこれです。やはり悪性でした。胃がんですね。
初期ではありませんが充分闘える範囲です。外科の先生と相談して手術をしようと思います。(もっと詳しく説明してくれましたが要約しました)

夫は「やはり」って言う感じで下を向いています。

私:ステージで言うとどのくらいですか?

先生:2から3ですね。4になりますとちょっと進行していますが、このくらいなら闘えます。外科の先生と相談しますが、その前に大腸の検査をしたいと思います。

私:肺にも転移してるんですか?

先生:肺ですか?いえ、肺はまだ大丈夫だと思います。

ほっとした。

がん保険があって良かった!

私:良かった。肺は大丈夫じゃん。

夫:そうだな

がんって怖いよね。お気楽な夫もテレビも見ないで不安と戦ってるんでしょう。
悪性と聞いた時に肺も悪いと勘違いしたらしい。

夫:やっぱりがんだったな。

私:もっと早くお医者さんに行ってたら良かったかもね。

夫:失敗した。自業自得だ。

私:でも、手術が出来るんじゃ良かったじゃん。吐血したから判明したよ。しなかったら手遅れだったかもしれない。

夫:うん。本当にがん保険があって良かったよ。無かったら金の心配もしなくちゃならなかった。

私:そうね。

覚悟は出来ていた感じで、しきりに「がん保険を解約しなくて良かった」と言います。
確かに、気持ちの支えにもなるよね。

翌日、病院に行くとまたしょんぼりしている。

夫:それがさぁ、今度は大腸がんなんだよ。大腸がんの疑いがあるらしい

と大腸の内視鏡検査の同意書を見せた。

続きます。

きうい

ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

POSTED COMMENT

  1. アバター YOUNG AT HEART より:

    >きういさんへ
    胃の方は、ステージがまだ早くてよかったですね。
    大腸の方も、胃のお蔭で検査に至ったと考える事も出来ます。
    きっと、頑張れると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です