そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

要介護認定の訪問調査が来た。

市役所に要介護認定の申請をして、訪問調査が来た。
周りで話を聞いていたし、使いたいサービスは2つ。気軽に受けた。

私としては緩和ケア病棟に入院してくれたら安心なんだけどな。忙しい思いをしなくて済むし。
でも、入院は出来ないと判明。先生が「要介護認定に申し込んだ方がいいですよ」と勧めてくれた。

入院じゃなく在宅介護だって。いよいよ診察の日がやって来た。 お世話をするのは一ヶ月でまだそんなに辛くないけど入院してくれるとホッとする。 具合の悪い時はどうしよ...

当時点滴をしていたら先生からの指示で薬剤師さんが話を聞きに来てくれたそう。
ありがとうございます。
薬剤師さんの話だと病院は満床。もっと重症の患者さんでいっぱいだって。
やっぱり。それじゃうちは在宅介護だよ_(._.)_

住宅の改修等は事前申請が必要!

要介護認定、市の認定員が来た。コロナ感染予防のため全員マスクをしての会話。

夫に簡単な質問をした。
名前・生年月日・今の季節は?・ここは何処?・隣に居るのは誰?

夫は横になったまま答えてた。
その日は結構調子が良くて声だけは健康な感じ。
認知症の心配はなさそうだね(^O^)

あとは

申請するに至った経緯。
今のからだの状態。
普段の生活。
手足の観察。(見せる)
困っていること。
どんなサービスを使いたいか?

正直に出来る事と出来ないことを伝えた。
そこまでやってくれなくても大丈夫。私が手伝って何とか出来ます。頑張りますからって気持ち。

最後に家の中を見てもらって夫に立ち上がってもらった。

立ち上がる時に使う器具のリースと洗面所の引き戸を軽い扉に替えたいと伝えた。

認定員さん:認定は会議で決まります。急いでいるなら暫定で使えますよ。ケアマネージャーを探して相談してください。

きうい:先に業者に連絡してもいいんですか?

認定員さん:住宅の改修は事前申請が必要です。ケアマネージャーさんがいろいろ相談に乗ってくれますよ。すべてケアマネージャーさん経由になります。

とても柔らかく親切な認定員だった。手応えとしては介護度が高い感じ。

認定員がお帰りになったあと町内の施設に電話した。
ところがいっぱいみたいで断られてしまった。ケアマネージャーが担当出来る人数は限られているかららしい。

市役所に連絡して、違う施設のケアマネージャーさんを紹介してもらい1時間後に来てくれることになった。

早いわぁ(^_^)/

ケアマネさんが来てくれていろいろ話をしたら、さっきの要介護認定で後悔することが。

つづきます。

きうい

ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です