そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

電気毛布、掛け敷き関係ないじゃん!

抗がん剤の副作用か?夫は手足が痺れて冷たい。
ガリガリに痩せたこともあって強度の寒がり。

寝る前に寝室を温めて電気敷毛布で布団を熱々にしている。

その日、いつものようにベッドに寝かせようとしたら布団が熱くない。
見たら違うスイッチのボタンが押してある。
きゃー!!私が間違えた!

幸い、電気敷毛布と普通の掛け毛布を洗って布団も干したからほんわり温かい。
「大丈夫、冷たくない」と言うのでスイッチを入れ電気を消した。

1時間ほど経って夫から電話が入った。
んんっ?何事?

全然あったかくならないんだけど。

えぇ~?
ヤバイ!洗ったから壊れた?

その電気毛布は夫から「洗える」と聞いていて、結構頻繁に洗っている。
だって直接寝るんだから汚れるでしょ。お風呂は週2回だし。

今思えば毛布にカバーを掛けておけば良かった。

スイッチ入れなきゃ寒いよ!

「足が冷たいんだから敷き毛布じゃなきゃだめだ」と聞かない。
結局湯たんぽを入れる事になった。
バスタオルでぐるぐる巻いて熱すぎないようにして。

「足をずっとくっつけてると低温火傷しちゃうからね」

それから1時間、火傷が気になって行ってみた。

夫は起きてて「これじゃだめだ」と言うので、電気掛毛布を差し込んだ。
これで火傷の心配はない。

翌朝起こしに行ったら、開口一番

寒かった!!

暖かくなったからスイッチを切ったらしいんだけど、
朝方寒くなっても入れないモノグサ男。

もー、いい加減にしてよ!

とりあえず、電気毛布が掛け敷き両用だったことを思い出し、カバーに入れて敷くことにした。

ただ、明け方が寒いのは掛けても敷いても同じで・・スイッチを入れないとダメなんだよね。
切らずに弱にしたっていいのに不思議。

きうい

ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です