そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

緩和ケア、腹水に医療用麻薬もあるって。

結局、夫は抗がん剤を続ける事にした。
正直、もういいんじゃないの?って思ったけど、病院との繋がりが無くなってしまうのも不安。

積極的に介護サービスを使うと在宅介護が希望って思われても困る。
私はもう在宅介護を続けたくない。
威張る、怒鳴る、自分勝手で思いやりが無い。
そんな人の世話なんて続けたくない。

そう言えば、先生が「奥さんがいいって言ってくれなかったら続けられないんですよ」なんて私に言うから「私は嫌だって言ってますよ。」って答えた。
なのに続けるんだよ。(-_-;)

本人の意思が重視されるんだよ。

ポジティブな夫はオプジーボが絶対効くと思っている。

甘い物を少し控える。諦めてたから思い切り食ってたけど、まだ生きられるなら控えなくちゃな。





緩和ケアは別の先生。
すごく柔らかい話し方で患者の質問に詳しく答えてくれる。
(一人の診察時間が長い)

夫は自分の決断なのにまた人のせいにする。

腹水を抜いたのにすぐまた溜まって。同じ事を繰り返すだけだからもう抗がん剤はやめるって言ったんですよ。
○○先生がオプジーボが効けば生きられるって言うからやる事にしたんですよ。
先生が熱心だから押し切られる感じでね。
決めたのは本人ですから。
私は緩和ケアを勘違いしてました。
まだ動けるうちに入って、だんだん悪くなって、苦しみを取り除いてもらいながら最期を迎える所だと思ってました。ギリギリにならないと入れないんですね。

先生:いろんな方が居ますよ。
抗がん剤を投与して副作用で苦しんで、やっと良くなって来たらまた抗がん剤。
辛いだけだからもうやめるって言う方もいます。

うちも同じなんだよ。
腹水は増えてるし胸水もあるし息も苦しいし、体重も47㎏だよ?

でも、オプジーボが効くかも知れないって言われたらやるよね。

私:また腹水がまた溜まって来て、今の状態がどのくらいなのか分かりません。

先生:腹水を抜かないで医療用麻酔で痛みを取り除く方法もあります。

CARTの時の若い先生も言ってたらしい。
そうするのが緩和ケアなのかもしれない。その方が体力が落ちなくていいはず。
だけど膨らんだお腹は凹まない訳で。
腸が圧迫されてまた下の世話が増えるよ。

仕事から帰ってトイレやリビングの掃除から始めるのは勘弁してほしい。

私:結局、お父さんが歩ければほとんどの事が解決するんだよ。
一番の問題はトイレ。
リハビリして歩けるようになってよ。

夫:そうだな。俺が歩ければ解決だな。わかった、リハビリする。

口ではそう言うんだけどね。
困ったもんだ。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です