そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

「抗がん剤を止めたい」と本人が伝えた。

抗がん剤予定日、早めに起きて準備をした。

家の玄関から車までが難所。
私が支えて歩いたけど車までもう少しの所で転倒。
幸い、怪我はなかった。
夫の希望で買ってきたバンテリンサポーターが原因らしい。

上半身の重さで曲がってしまう膝を支えるためために買ったけど、曲がらないと歩けなくて転倒。慌てて外した。

病院へ向かう車の中、夫に老健について話した。
私:退院して家庭に戻るまでの間の施設でリハビリもあるらしいよ。お医者さんも居てお風呂にも入れてもらえるよ。
夫:リハビリもあるんじゃいいな。オムツも交換してくれるか?
私:うん。

夫は乗り気らしい。




いつものように採血(30分)と再尿をして50分待って診察。

先生:どうですか?

夫が返事をしないので

私:腹水がかなり溜まりました。足も浮腫が凄いです。

夫:息が苦しくてもう限界です。抜いてください。
先生:あーそうですか。入院して抜きますか?
夫:はい。

もう、わかっていたように入院が決まった。

先生:腹水を抜いてまた頑張って行きましょう。

何も言わない夫。
「あれ?」っと言って夫を見た。結局何も言わないのだろうか。

夫:そのこと、もうやめようかと思うんです。

言った。ついに言ったよ(*_*)

先生:オプジーボはやらなくていいんですか?
夫:効くかどうかわからないし、もういいです。

結局、腹水を抜いてからまた考えることになった。5クールが終わってないからオプジーボはできないんだろうな。

病室が決まるまでの間にケアマネージャーさんに電話した。
翌日のヘルパーさんをキャンセルしなくちゃ。

入院を報をしたら、介護の決まり事?システム?でちょっとびっくり。

つづきます。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です