そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

CARTの為に入院したら血糖値が低かった。

抗がん剤投与予定日、夫はついに自分から腹水を抜いて欲しいと先生に伝えた。

先生もわかっていたかのように即入院。
病室が決まるまでの間にケアマネージャーさんに電話した。
入院することが決まった旨、詳細を伝えるとちょっと驚いた。

「介護保険のご利用状況を病院に報告しますのでご了承ください。」
えぇ~?!!

ケアマネさんには先生の愚痴をいっぱい言っちゃったよ。
「緩和ケアまでの繋ぎに施設に入りたい。」とも言っちゃったし。
施設に申し込んだら筒抜けじゃん。

先生には「介護が嫌だから施設に追いやる奥さん」って思われてるのよ。
否めない部分もあるけど、せめて立ち上がれないと困る。



入院手続きをし病室へ。担当の看護師さん2人(二人とも男性)と腹水を抜いてくれる先生が来てくれた。

車椅子の夫はもう疲れた様子。
ベッドに移る力も無く看護師さんに手伝ってもらった。

そこから血圧、血糖、酸素量を測定。「もう一度測らせてください。」
どうやら低いらしい。

先生からは施術の説明があり、準備が出来次第始めると伝えられた。

その後、ベテラン看護師さんが来てくれて血糖値を再度測った。
73と低い数値が見えた。

夫は、昼食が出ない事で「クリームパンと牛乳とコーヒー牛乳と・・」なんて食べる事ばっかり言ってる。おまけに「天井がきれいだ。」なんて。

私:そんな事ばっかり言ってると、また認知症だって思われるよ。
夫:あー、そうだな。気を付けないとな。

夫のお昼を買って待機。
呼ばれて病室に行ったら「すぐ飲んでください」とブドウ糖を飲んでいた。
そして点滴を1本。栄養剤かな?

入院が前より長くなるらしいので、不足の物を取りに帰ることにした。
これでもう病室には入れなくなる。

それにしても・・先生も男性看護師さんもイケメンで嬉しい!!(^O^)

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です