そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

足の浮腫みがなくなった理由。

休みの日に美容院に行った。先月カットだけして何とか繕ったけれど髪の多い私はセルフカラーも限界。看護師さんが来てくれるので急いで帰った。

今日は浣腸をしました。だいぶ溜まっていたんで、かき出したんですけど届かないところにあって。一日置きに来ますから溜まったら浣腸で出す方向で行きましょう。

夫も「これ(便)で具合が悪かったんだ。すっきりしたよ。」って笑顔。

浣腸は前に便秘が続いた時に2本入りを買っておいたもの。次回往診の時に先生に話せば処方してくれるそう。

看護師さんは夫の足をマッサージしてくれていた。

浮腫が無くなりましたよね。
そうですね。浮腫の中には栄養が入ってて、その栄養使ってるんですね。
このあと腹水の栄養を使っていくようになると思います。
ここで点滴をしたりすると辛い状態になります。

浮腫が無くなったのは良くなったからじゃないんだ。腹水が増えなくなったのも中の栄養を使っているからなのかも。

病院の緩和ケアに入れる状況を説明。(看護師さんは数人が交代で来てくれる)
食事はあまり取れてないこと。おしっこは出ていること。熱もないし痛くもない。苦しくもない。だけど調子が悪いことがあったと報告をした。




終わったあと別室で看護センターの計画書に署名押印した。

具合が悪くなったらの不安を話して、最初は看護センターに電話をし、必要があればお医者さんに連絡をしてくれるという流れを確認。
便が溜まって苦しければ夜中でも浣腸しに来てくれるとのこと。安心した。

最初の頃に比べると顔もずいぶん痩せました。
今後、苦しくなってきたら先生に連絡して医療用麻薬を使うようになると思います。声を掛けても返事が無かったりしたらすぐに連絡してください。

苦しくなることってあるんだろうか?
このまま栄養を使い切って老衰のように終わるんじゃないのかな?声を掛けたら返事がないって方。

不安だけど「看護師さんに電話すればいい」と思うようにする。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です