そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

「忘れるの早くね?」って言われちゃった。

会社での雑談中

「もう悔やむのは終わりにした。そういうのを忘れることにしたよ。」と言ったら

忘れるの早くね?!

なんて、かなり年下の上司に言われてしまった。
会社では社長の次に年長の私。みんな年下なんだけどね。

早いかなぁ?
1年くらいして「やっと忘れられるようになった」なんて聞くじゃないですか?
まだ1ヶ月でしょ?早いですよ。

「そう?でも引きずってても仕方ないからさぁ。仲良し夫婦でも無かったし。」って返したけど・・モヤる。
夫を忘れたわけではないんだよね。

お昼休みにパートさんとその話になった。

忘れる事にしたのは介護の事で、旦那を忘れるってことじゃないんだよね。もう悔やんでも仕方ないからさ。
そうだよね。仕事しながらよくやってたよ。
私には出来ないと思う。後悔することは忘れた方がいいよ。

ときどき沸いてくる介護の後悔や言動の後悔。
介護の場面を思い出さないようにしてるって事なんだよね。



そうは言っても・・なかなか忘れられないんだよ。これが(-_-;)
夫の話になると涙声になっちゃうのよ。
辛かった介護と優しく出来なかった罪悪感が沸いてくる。

夫はプライドが高かったから介護サービスを使うのを嫌がった。
入院するのが嫌ならもっと早く、無理やりでも利用すれば良かった。
そうすればお互い身体的には辛い思いをしなくて済んだはず。

いくら本人が「自分で出来る」って言っても、動けない人が排泄の始末をするなんて最初から無理だったよ。それで私も怒っちゃったりして。
夫のプライドを尊重しすぎた。でも、もう戻れないし。。

亡くなってまだ1か月。でも1年も前って感じがする。
確かに「ひとりで寂しい」なんてあまり思わないから早いんだよ。
元々別行動だったし、「夜はリビングでひとり」に慣れているし。

仕事や家事、手続きや相続、ブログで寂しい時間が取れないのもあるね。
忙しさが一段落したら寂しくなるのかも知れないけど。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です