そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

遺言書の検認日②経緯を説明した。

いよいよ遺言書の検認日。

私は窓口に声を掛けなかったせいで5分ほど遅れてしまった。せっかく早めに出てきたのにがっかりだよ。
謝りつつ来てくれたお礼を言った。

裁判官を待つ間に向こうのお子さんに経緯を説明した。

○○さん(お義姉さん)に電話して貰ったんですけど繋がらなくて、こういう形になりました。
家の子供たちは欠席なんで私だけなんです。すみません。

60歳で舌癌を患って、去年からは胃がんで闘病して亡くなったこと。
財産は家と土地と車、ギャンブルが好きだったこともあって預金もわずかしかないこと。
土地は私の親から貰った物であることを手短かに説明した。




心配していたけど、すらすらと言葉が出てきた。デパスのお陰かな。ドキドキしなかった。あとでギャンブル好きは言わない方が良かったなって反省したけど、だからお金は無いよ~って気持ちが心にあったから自然と出てしまったよ。(-_-;)

このあと私は手続きがあるので、もし良かったら後でお線香をあげに来てください。
お寺さんに頼まなかったので仏壇しかありませんが。

向こうのお子さんは「ぜひ伺いたい」との事。
ここで私がびっくりする会話があったけど、話が逸れるのであとで記事にします。

ご仏前としてお線香をいただいたけど・・検認後の書類作成の他に原本還付の申請書を提出するので時間がかかる。待っててもらうのは申し訳無い。

それに裁判所の近くに法務局があるので寄るつもりで書類一式を持って来た。不備を教えてもらえば翌日に提出できる。翌週までは私の記憶力と勇気が持たないから(>_<)

私の電話番号のメモを渡し、在宅の可能性の高い日を伝えた。
来てくれたお礼を渡したところで裁判官がお見えになり全員席に着いた。

続きます。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です