そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

司法書士さんに相続登記のキャンセルに行った。

軽自動車の名義変更も終わり、これで手続きはすべて終わった。

自分でやろうと思ったきっかけになった司法書士さんに「自分で相続登記が出来たから」ってキャンセルしたいって伝えなきゃ。ちょっと気が重い。

待て、その前に紹介してくれた人に報告しないといけないな。
電話をしたら「自分で出来たなら良かったね。」そんな感じで済んだ。ホッとした。

あとは司法書士さん。
相談の時間をいただいたし、謄本等をコピーしてくれてるし電話では申し訳無い。手土産を持ってキャンセルに行った。




ドアを開けたらすぐそばに司法書士さんがいて、パソコン仕事をしていた

私の事は覚えていないだろうから「〇〇さんの紹介で相続をお願いした〇〇です。」って名乗った。「あぁ~覚えてますよ」って言うけど、どうかな?
誰が来たかって、一瞬こちらを見ただけなんだけど(-_-;)
前回の相談は10分程度だったし、コピーしててこっちを見なかったし。

自分で遺言書の検認手続きをして、登記も出来ましたので、申し訳無いんですけど

全部言い終わる前に

あー、いいですよー。気にしなくて大丈夫ですよ。

って、優しく感じるけど、パソコンに向かっまま会話してる。

あの時、謄本とかをコピーしてもらったんですけど、全部処分していただけますか。
わかりました。あれ?名前なんだっけ?遺言書があったんだっけ?
○○です。遺言書があったんですよ。あの時。

全然覚えていない。そうだと思ってたけどね(^-^;
「住所が入ってたら良かったね。」ってコピーさえ取らなかった。

手土産を渡したかったけど「いいんだよ。気にしなくて。」って座ったままだから「気持ちですから・・」って書類がいっぱいの床に置いてきた。

所要時間3分。
わずかな時間だから、忙しくてもこっちを見て欲しかった。あの様子だと私のコピーは処分しないままあの沢山の書類に埋もれるんだろうな。
電話でキャンセルしても良かったのかも。

これで対外的な事はすべて完了。納骨も新盆も初彼岸も済んだし。
と思っていたら、喪中はがきがあったよ(-_-;) 数枚だけど。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です