そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

抗がん剤のやめ時っていつだったのか?

スポーツジムで「落ち着いた?!」って介護の詳細を聞かれた。昔は一緒にゴルフに行ったり親しくしてた女性(4歳下)で夫のことも知っている。

彼女:仕事をしながら家で看取るなんてよくやったよ~ 入院してもらえばよかったのに。私:私もそう思ったよ。でも緩和ケアに入れるまでって夢中でやってたんだよ。年中喧嘩してたよ。でも抗がん剤をやめないと入院出来なくてね。本人が希望を捨てないから体力だけ落ちちゃって大変だったんだよね。
彼女:本人だって入院した方が楽だったのにね。最後まで頑固だったんだぁ。
私:そうなんだよね。仕事も辞めようか悩んだけど、長くは無いって知ってたから続けてたんだよね。




あの時は本人が抗がん剤を打ちたいって希望するからって思ってたけど、無理やりやめさせてたら本人も楽だったし喧嘩しないで済んだのかぁ。なんて浮かんできた。

一つの目抗がん剤で痩せてたのに、つ目の抗がん剤投与後は急激に衰弱して、半月でほぼ寝たきり状態。
私が体力が持たないって訴えても先生:「やりますよね?」夫:「やります」って。

夫の希望通りだけど、私が無理やり止めさせてたら本人も楽だったんじゃないかと思う。

衰弱して動けなくなるまで闘って逝った夫。それで満足だったんだろうか?コロナが無かったら緩和ケアに入ったんだろうか?

最後まで痛みが無く、ロウソクが消えるように逝けたのは抗がん剤のおかげだったのかな?

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です