そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

胃の中は血の海です。

血を吐いた夫が電話をしてきて、町内の内科へ連れて行った。

エピナール那須は無理。夫が血を吐いた。きのう、週末にエピナール那須に行くかどうか?と投稿しました。 夫は行きたくて仕方ない様子。(私も行きたいけど) 結局、娘と朝...

受付で吐血を伝えるとすぐに別室に。

血圧や酸素?を測りながら看護師さんに状況説明。

半年くらい前から胃の調子が悪くて、今日頭が痛くなって吐血した。

本人が頭が痛くなったと強調するので、

「でも、ロレツが回らないのは舌がんで手術したからなんです。」と私が説明した。

顔は真っ青で指が真っ白。看護師さんが行ってしまうと夫が

死人の手みたいだなぁ。

確かに。と思ったけど返事をしなかった。母の最期を思い出してしまった。
そして白くなった冷たい指を湯気の出るような私の熱い手で温めた。(自律神経がイカれてるので時々熱くなる。)

やっと赤身がさした頃に先生の診察。触診してから「胃カメラで見ましょう」と。

だよね。

検査後に診察室に呼ばれました。

先生が胃カメラの画像を見ながら

胃の中は血の海です。
大きな潰瘍があります。この潰瘍だけで出血しているのか、その下にも何かあるのか? 癌とかね。

胃の出口付近に大きな潰瘍があって赤い血に浸っているのが見える。

とにかく、血で確認ができません。傷口が開いてまた大量の出血を起こす可能性があるので、救急車で緊急病院に搬送しましょう。

先生が緊急病院に電話をしてくれて、受け入れ先を確保し救急車を呼んでくれました。

紹介状・胃カメラの画像等と用意してもらい、会計は後日という事で、私は救急車の後をついて病院に向かいました。

緊急病院の救急センターに着くと、夫はすでに処置室に運ばれた様子。
私は保険証等の簡単な手続きをして待合室で待ちます。

1時間くらい経った頃、名前を呼ばれました。

続きます。

きうい

ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です