そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

大きな潰瘍から出血。入院となりました。

1時間ほど待った頃名前が呼ばれ、別の通路から処置室に入りました。

ストレッチャーで横になってる夫。
顔色はまだ悪い。指は赤くなってて良かった。

胃の中は血の海です。血を吐いた夫が電話をしてきて、町内の内科へ連れて行った。 https://sakuramomo8787.com/2020/01/2...

担当の先生は若くてちょっとカッコイイ。こんな感じの俳優さんがいたなぁ。

先生:出血は潰瘍からだと思われます。もう時間が遅いので、明日胃カメラで検査し、一部を取って今後の治療を考えます。

最初の医院で用意してくれた胃カメラの画像と、緊急病院で撮影したCT画像を見ての診断。医院にもCTがあるけど胃カメラだけだったのかな?

先生:胃壁が厚くなってるし、周りのリンパが腫れてるようです。悪性だった場合は抗がん剤投与か外科的手術をするか検討したいと思います。その時は外科の先生と相談しながらになります。(もっと丁寧に説明してくれましたが中身はこんな感じです。)

そして、入院の話が看護師さんから伝えられます。

看護師さん:今、個室しか空いてないので部屋代が1日〇〇円になります。違う料金の部屋もありますし、無料の部屋もありますので、担当病棟の看護師に希望を伝えてください。空き次第で順番になります。いいですか?

私:分かりました。いいです。

仕方ないよね。

また待合室に行って待ちました。夫はそのまま病棟へ。
私は入院の書類をいただき病棟へ。

夫の腕には点滴が装着?されていました。治療が始まったんです。

病棟の看護師さんから入院の説明を受けました。

入院道具は何も無いので「取りに行きますか?」と聞かれました。
明日は仕事。月末近いので休めない。夜8時半。自宅に向かいました。

急いで病院に戻り、看護師さんも居なくなって2人。

夫:がんだなぁ。。

つづきます。

きうい

ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です