そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

いろいろ考えてくれるケアマネさんに申し訳ない。

リハビリすれば歩けるようになると信じている夫。
実際にそうなのかもしれないけど、やる気があるなら普通に家の中を歩いてもいい訳で。
だるくて動けないのが実情かも。

松葉杖を借りてくれって言うから、使わないと思いながらもケアマネさんにお願いして、数日後に届けてもらった。

俺の方が先に逝っちゃうからリハビリする。夫は「もう治療が出来ない」って言われるまで抗がん剤治療を続けるつもりだ。 私としては余命三ヶ月くらいで緩和ケアでいいんじゃないかと...

もっと楽に歩ける器具があるって教えてもらったけど、それじゃリハビリにならないってこだわる夫。あくまでも(辛い)リハビリをして歩けるようになりたい意向。

ケアマネさんは「お医者さんと連携すればリハビリも介護保険を使って出来るし、具合が悪かったら先生を呼ぶことも看護師さんを呼ぶことも出来る」と教えてくれた。

問題は本人。やるやるって言いながらやらないから今があるわけで。来てもらったり施設に行けばリハビリするかと言うと・・・しないと思う。

夫は外面が良いので施設に行って気を遣うのが嫌なんだと思う。かといって家に来てもらってその時やりたくないのにリハビリするのも嫌な感じ。何しろわがままだからね。

入院できないから在宅なんで・・・。

私は義務として親を介護するような感じで夫の面倒をみてる。
元気な時に好き勝手しておいて家で死にたいって言われても「はいはい」なんて言えない。(夫は言ってないけど、ケアマネさんの話を聞いてると最期まで在宅って感じ)

正直、末期がんだから緊急まで悪くなったら救急車を呼ぶつもり。
近くのお医者さんと連携して在宅が長引くのは私的には困る。
具合が悪くなったら入院して欲しい。

いろいろ考えてくれるケアマネさんには申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

抗がん剤投与から数日。調子が悪い。
怒鳴る力もないので治療を続けるってどうなんだろう?って考えちゃう。

胃がんが判明する前の夫は「俺はいつ死んでもいいんだ。面倒なんてみてもらわないから好きにさせてくれ。」って健康診断も受けないで好き勝手に生きて来た。
なのに実際病気になったら命への執着がすごいって思う。

私だったら抗がん剤をやめて、動けなくなったら入院して、静かにその時を待つな。
治らないんだもん戦いたくない。
(本人じゃ無いからそう言えるのかもしれないけど)

借りた松葉杖は・・飾ってあるよ。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です