そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

しこりは大きくなっていない。ホッとした。

乳がんの再検査を受けた。
市の集団検診で再検査通知が来てからちょっと心配していた。

夫が末期がんなのに私までがんに侵されていたらどうしよう。
子供達に迷惑かけたくないし、どうしたらいい?
大丈夫って思いながらも、時々暗い気持ちになっていた。

乳がんの再検査に行った。夫の付き添いでちょこちょこ来る病院。 今度は自分の乳がん再検査のために来た。 3年前まで看てくれた先生の担当日に合わせ受診。 ...

マンモグラフィを撮り先生が画像を見せてくれた。

私:前もしこりは3つでしたか?
先生:そうですね。これとこれ、大きさは同じですね。

以前の画像も開いてくれた。そして触診。

市の画像を思い出すと大きいしこりは同じ位置だけど、小さい2つは場所が少し違うかも。
もし違ったとしても前のが消えて新しいのが出来た訳で、心配はないんだろうって理解。





先生:触診した感じも心配はないですね。線維腺腫でしょう。
エコーもやりますか?
私:いえ、いいです。次回からはちゃんと予約して毎年検査します。

先生が書類に記入してくれた。
市への書類は病院が送ってくれるそう。

あー、これで一安心。心配してる娘にすぐ連絡した。

家に帰ると呑気な夫が「どうだった?」って。
大丈夫だったと答えると

「良かったなぁ。俺も違うと思ってたんだよ。」だって。

お父さんに違うって言われたくないよ!
○○先生(夫の主治医)に「こっちは大丈夫」って検査もしないうちに言ったでしょ?
自分で言うならいいけどお父さんの判断で大丈夫なんて言われたくないよ。

私が乳がんだったら誰が自分の面倒をみるのか、全然考えないんだよ。
ポジティブにも程がある!

そんな夫、私が家にいる時は「もう間に合わない」ってオムツにするようになった。
自分で片付けないで済むから。
もぉ~(-_-;)。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です