そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

「本人の承諾」に阻まれる。

悲惨な排泄の片付けのあとヘルパーさんをお願いすることにした。
が、本人がなかなか承諾しなくて大喧嘩。

「お昼にウンチをしたら夜まで気持ち悪いし臭いんだよ?自分ではもう交換できないでしょ?」
渋々納得させてケアマネさんに連絡した。

初めてのヘルパーさんの訪問日、ケアマネさんも来てくれたらしい。
夫に「うちのお母さんにもおむつの替え方を教えてやってくれ」って頼まれたそう。

そのお母さんの負担を減らすためにヘルパーさんを頼んだのに(>_<)
確かに覚えておいた方がいいけど、本人が「私にさせる」の考えを改めないとダメだよ。

偶然かも知れないけど、その後数日間はウンチの係は私だったよ。もぉ~




看護師さんに来てもらう件。
「看護師さんの判断で危なくなったら入院する」
それまではヘルパーさんに助けてもらいながら私がなんとか面倒を見る。
ケアマネさんの説得もあってやっと納得した。

本人が承諾したところでケアマネさんから再び提案の電話があった。
ケアマネさん:だいぶ具合が悪そうなので、やっぱりお医者さんにも来てもらったほうがいいと思うんですよ。
私:それじゃ家での看取りになってしまいます。
私の希望は病院でお願いしたいんです。本人も今の病院の先生がいいって言ってるし。。
延命治療も希望していないので、もしそのまま亡くなったとしても、本人も家族も構わないと思ってるんです。
看護士さんが診て「そろそろ入院です」って言ってくれたらそれでいいんです。

せっかくの提案だけど家での看取りはしたくない。このまま好き放題を言われて苦労するのは嫌だ。

私:それにお金だってかかるでしょ?
ケアマネさん:幾らくらいまでだったらいいですか?
私:そういう事じゃ無く・・家での看取りじゃ無く入院して欲しいんです。

とっさにお金の話に持って行ったけど、予算なんて考えてなかった。
今の契約で月幾らになるかも知らないし。

取りあえずお医者さんの訪問はお断りした。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です