そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

往診の手続きを報告してたら涙が・・。

私が休みの日、午前中に看護師さんの訪問があってオムツの選び方等を教えてもらった。

看護師さん:先生の往診はできるだけ早いほうがいいですね。その方が私たちも動けますし、何かあった時に安心だと思います。

その日の夕方に医院に行き訪問の承諾と契約をすることになっていた。
往診は数日先だったけど早めてもらおう。

看護師さん:それと看護師が週3回入った方がいいと思います。

その方向でお願いした。
思いやりの無い夫。そんな人の介護をずっと続けるのかと思うとモヤモヤする。

私:でも、在宅での看取りは希望じゃありません。
看護師さん:もう長くは無いですから。(-_-メ)

ぎりぎりまで家に居るってことだよね(-_-メ)



医院で先生と面談。
吐血した時に救急車を呼んでもらった先生。
腹水を抜いたあと、緩和ケアを断って無理やり退院した事。
病院側の緩和ケアの準備は出来ていること。
今の病状、腹水が溜まっている。痛みは無く少し息が苦しいと伝えた。

訪問看護ステーションの方から連絡が行ってるので話は早い。
看護師さんの「なるべく早いほうがいい」との話をしたら、医院の昼休みに来てくれることになった。

が、その日は仕事。シフトなので急な有休もなかなか取れない。
近くに住む兄に来てくれるように頼んだら快諾してくれた。

居宅療養管理指導、24時間対応の承諾書(医療費料金)にサインした。

看護師さんの要請で薬が必要になったときは私が医院(薬局?)に取りに行くそう。
急だったら私か娘が早退するなどで対応しなきゃいけないかも。
兄も協力してくれるって。在宅看護ってやっぱり大変だよ。

帰って夫に説明をしていたら涙があふれて嗚咽になった。
段取りして電話して、いろんな人にお願いして手続きして・・夫が強引に退院しなければしなくて済んだ事。在宅は私の希望じゃ無い。本人だって緩和ケアに行くって言ってたのに。
入院してくれたら良かったのにって込み上げて来た。

夫は自分の病状が悪くて私が泣いていると思っているらしい。
違うから。

きうい

ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です