そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

民間の介護医療保険だったら良かった?

夫の緩和ケア外来、本人も希望して受診していた。
手足が動かない夫を病院に連れて行くのは大変だったよ(-_-;)

在宅看護で主治医が代わり、病院の予定は自動的にキャンセルになった。
おかげで私に1日予定の無い日が出来た。

普段の休みは家事と家の周りの草むしりを次々こなす。
でも、思い切って何もしないことに決めた。

朝、ネットショッピングで白いシャツを購入。その後ベッドに横になった。
が、眠れるはずもない。
ジムの友人との会話を思い出した。

スポーツジムを退会。にっくきコロナ!!去年12月からスポーツジムに行ってない。 もし私がコロナに感染し、夫に感染させたらと思うと怖くて行けなくなった。 あとで後悔するのも...

以前、友人もお母さんを介護してて、入院中の着替えや食事は看護師さんを断るので苦労したそう。

私がせっかく準備してきた緩和ケアが無駄になった話をしたら、友人のお義父さんも夫と同じに強引に退院したって。
やっぱり多いんだね。
そういう年代なのか(>_<)




入院しないからがん保険の入院給付がもらえない。
今でも保険料が引き落とされてて諦めきれない私(-_-;)

でも、がん保険に入ってたから緩和ケアの話に進んだのかも。
入ってなかったら家での看取りもあったわけだよ。
そう思って諦めないと。

在宅看護になって「介護認定されたらいくら」って民間の介護医療保険に入っていたら良かったかもなんて思った。
それも認定されなければもらえないわけで。
待て待て、少ない一時金なら貯金した方が良いのかって疑問もある。

娘に「もうがん保険は諦めたよ」って言ったら「諦めるのにずいぶん時間がかかったね」なんて言われちゃったよ(^_^;)
緩和ケアに入れるまでって頑張ってたんだもん、仕方ないよ。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です