そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

「治ったら自分でやるからいい。」って、治るの?

介護ベッドで寝ている夫。
ベッド全体の上げ下げ、上半身の上げ下げはボタンひとつ。
床ずれ防止のエアーマットは自動で空気(硬さ・温度)の管理をしている。

エアコン、テレビ、照明もリモコン。そして手の届く所に冷蔵庫。
スマホで電話すれば家政婦代わりの私が飛んでくる。

「こんないい所に居たんじゃ入院なんてしたくないよ!」って、お義姉さんやお義兄さんも言う。

夕食を持って行ったら

あのさぁ、テレビ台が一台余ってるだろ?
持って来てこの上に乗せてくれ。テレビを高くしてくれ。

簡単に言うけど重くて無理だよ。

重いし、倒れないように留めてあるんだよ。
無理だよ。
じゃいい!治ってから自分でやる!!

返事が出来なかった。だって看護師さんは「もう長くない」って言ったし。

そう言えば最近は腹水が増えてないみたい。
看護師さんも小さくなったって言うし、足の浮腫も無い。
ひょっとしたら本当に治るのかも?

言葉を選んでいたら、夫も私の様子に気づいたようで「生きてたら」と言い直した。

夫はまだ治ると思ってるんだろうか?



うーん、本当の病状はどうなんだ?
先生はどう思ってるんだろう?
初診の日に無理しても仕事を休んで聞けば良かったな。
夫の部屋は玄関わきで駐車場のそば。先生と話せば聞こえてしまう。悩ましい。

重くて動かないから、娘が来たら高くするよ。

もし、かんが治ったとしても歩けないだろう。
そもそも治るってどんな状態になるのかもわからない。
自力で排便が出来ないままじゃ、ずっと看護師さんに来てもらう事になる。

このままずっと介護が続くのかなぁ(-_-;)

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です