そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

最初から介護支援を使えば良かった。

帰り間際パートさんが窓の外を見て「今日は天気が悪いから暗くなるのが早いね。」って言った。

「暗いねぇ。」って私。窓の外を見たら急に光景が浮かんだ。

仕事から帰ってさぁ、家が見えた時に電気が点いてないのがね、すごく怖かったんだよね。
怖かった。。

込み上げるものがあって不覚にも涙が溢れてしまった。

帰りの車の中でも「あかりの点いていない家」が浮かんで涙が出る。夫の寝ている部屋も真っ暗で・・。
そう、不安って言うより怖かったんだよね。

半月前くらいから毎日あかりは点いていなかった。真っ暗で「息をしてなかったらどうしよう」とスイッチを入れながらドキドキしてた。
亡くなる前日には息が止まってて(呼吸の間隔が長かった)いよいよかと震えた。
その経験があるから翌日も冷静で対処できたんだけど。

今は昼間が長いからいいけど冬になるとまた思い出すかも。
思い出して涙が出てしまうのかもしれない。今もブログを書きながら涙目になってる。



夫が亡くなってからの私は結構サバサバしていると思う。
6㎏痩せたのが最近になって見た目で分かるようになった。
「ずいぶん痩せちゃったね。大丈夫?」って気を使ってもらうけど、もう長くない事は分かってたし。

1月からはほとんど寝たきり。
最初は優しくできたけど3月くらいからは立ち上がるのも大変。排泄の失敗が加わって・・。
イライラして優しい言葉を掛けられない自分が嫌だった。

すべて夫の思い通りだったけど、キツイ言葉を言ったのはちょっと後悔してる。どうせ長く無いなら我慢したって良かったのに。でも、私には体力も心も余裕が無かったんだよ。

要介護2に認定された時点(1月)でオムツを受け入れたり、ヘルパーさんを頼んだり、デイサービスでお風呂に入れてもらったり。
夫が拒否しなければ私ももっと優しくできたと思う。

遺影に「キツイ事言ってごめんね。」って謝りながらも「お父さんが拒否するからクタクタだったんだよぉ。お互い様だよ。」って涙声で語り掛け、もうくよくよしないことにした。

お互いが優しくなれるように、介護が必要になった人は介護する側の事も考えて、介護支援を受け入れて欲しいと思った。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です