そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

介護はどっちを選んでも後悔するんだって。

夫が亡くなってからああすれば良かった。こうすれば良かった。あの時あんなこと言わなければ良かった。と後悔することが多く、そのたびに家に居たいって希望を叶えたんだからやれるだけやった。って自分の気持ちを立て直している。

そんな中、お世話になったケアマネさんがお線香を上げに来てくれた。

夫の遺影を見て「あぁ、こういう感じの人だったんですね。」って。

初めて来てくれた時にはもうコタツで寝たきりだった。
抗がん剤をやってて髪は無いし、すでにガリガリに痩せていた。
それから半年で亡くなった訳で、元気だったころを知らないよね。。

入院して欲しいって何度も言っちゃいましたけど、今は家で看取って良かったって思ってるんです。
本人にも何度も言っちゃって可哀想でした。いろんな事に後悔が残ってるんです。
でも、私に言われから仕方なく入院してたら「入院させた後悔」が残ったと思うんです。コロナでもう会えないし。
皆さんに手伝ってもらって何とか願いを叶えてあげられて、それだけは本当に良かったです。

また涙が浮かぶ。

お宅に来ると毎回「入院はしない!」って言ってましたからね。〇〇さんも願い通りで満足してると思いますよ。
奥さんも疲れ切ってたんだと思いますよ。娘さんが仕事から帰るのが遅いのに下の世話やお風呂でどんどん痩せちゃって心配だって言ってました。
よく介護なさってましたよ。後悔はしなくていいですよ。

ケアマネさんにそう言ってもらえて・・心が落ち着く。


介護認定された時点でヘルパーさんとかデイサービスを利用してくれてたらなぁ。私ももっと優しくできたよ。
私しか受け入れなかったからさ。排泄の失敗は娘にも隠してたし。

前に、知り合いのケアマネさんが「亡くなるとみんな後悔するんだよね。しなくていいんだよ。その時の判断で間違いは無いんだよ。
例えば胃ろうをするかしないか。どちらを選んでも後悔するけど。その時の判断だから後悔はしなくていいんだよ。」って言ってたのを思い出した。

そうだよね。
ケアマネさんの言葉で今度こそ「後悔の涙」から抜けられた気がする。
今度こそもう大丈夫。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です