そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

65歳までの遺族年金証書が来た。

遺族年金の年金証書が届いた。

夫が亡くなって、信用金庫の社会保険労務士さんが手続きをしてくれた。

年金額は社労士さんに聞いて知ってたけど、証書を見て再度がっかり。
今後頑張って働いて厚生年金を納めても、もらえる年金は増えない。馬鹿らしいったらありゃしない。

自分の厚生年金が少ない人は遺族年金が沢山もらえて、頑張って働いて納めてきた人は自分の年金を使いなさいってひどくない?

それじゃ納めない方が得だもん加入者は増えないよね。扶養の範囲で働きたいよ。

国民年金は公平に全員が納付したらいいんじゃないの?
小さい子供がいるとか、障害者や高齢者のお世話があるとかなら税金の控除をもっと上げれば良いと思う。
病気で働けないとかの理由があって納められない人は「免除」ってシステムもあるんだし。そうすれば年金原資も改善するでしょ?




私の遺族厚生年金は60歳~65歳前まで「中高齢寡婦加算」がもらえる。585,700円(月約48,800円)該当する人はみんな同じ金額みたい。
嬉しい(^o^) 夫の年金が0になるから世帯収入は激減だけど・・(>_<)

65歳になるとその加算が無くなって、自分の年金(基礎年金+厚生年金)と夫の厚生遺族年金(自分の厚生年金を差引かれる)がもらえる。

差し引かれるのが問題。このまま65歳まで働いたら自分の厚生年金は増えるけど夫の遺族年金が減るだけで金額は同じだから悔しい。

ぷんぷんしちゃってるけど、決まりだから仕方ないね。
贅沢はしないけど残りの人生を楽しんで生きたいと思う。
貯金も少しはあるしね(^_^)/

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です