そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

コロナに感染しても責めない。読売「人生案内」状態。

以前読売新聞の人生案内をよく読むと記事にしたことがある。
世の中、いろんな人にいろんな悩みがあるよ。

読売新聞の『人生案内』は参考になる。我が家は読売新聞を取っている。 忙しい中でもよく読むのは人生案内。新聞を開くと必ず読む。 自分の人生と比べたり「世の中にこんなこ...

11月16日の読売新聞の『人生案内』を読んで、我が家と似ていると思って密かに切り抜いておいた。

相談者は自分本位な性格。結婚当初に暴力は振るわないと誓約書を書き元に戻った経緯がある。その後も家族も仲良くやっていこうという気はなく家族より親戚を大事にすると言われたそう。妻に離婚を切り出された70代男性の相談だった。

回答者は「身から出た錆です。黄色信号が出たのに気づかなかった。」と。

うちは暴力を振るわなかったし少しは家族のことも考えたけど、あとは同じ!
定年後には私から別居を切り出した事が数回。私が我慢して今がある。
(いろいろあって離婚までは考えていない)

夫に「昨日の人生案内読んだ?」と聞いたら返事をしなかった。
絶対読んるはずなのに。

コロナに感染しても責めないぞ!

スポーツジムでコロナに感染したらって話から、

俺はお母さんがコロナに感染しても責めないよ。
俺にうつって死んじゃっても責め無いから!

なんて言う。俺は優しくて理解のある旦那だって言ってる感じ。

釣り、ギャンブル、ゴルフ・・家族より優先して好き勝手にやってきて、今更ねぇ(>_<)
定年後は怒鳴ることが多くて嫌だったし!

私も別に後悔しないよ。
うちは読売新聞の人生案内みたいに離婚寸前だったでしょ?
この前だってお父さんが病気だったから出て行かなかったんだから。

強い言葉で返したけど、最近は話し方も穏やかになったし怒鳴らなくなったし、やっと静かになってきた。

正直「旦那が病気で悲しい。」なんて気持ちじゃなく、長い間一緒にいたから情が沸いた感じ。後悔はしないようにお世話をするつもり。

そんな中、息子から「親父の具合はどう?」ってLINEが来た。

続きます。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと応援して頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です