そそっかしい主婦きういのブログ
懸賞が大好きです!!
きういの日記

未亡人は気遣いしなくちゃいけないと思っている。

休みの日は畑仕事と草刈りと芝生の草取りに全力を尽くしている。嫌いじゃないので長い時間やっている。煩わしい事がなくて単純に夢中になれるのがいい(^_^)

少し離れているお隣のご主人がちょこちょこ話しかけてくれて、家庭菜園やガーデニングの事を教えてくれる。お花の苗をくれたりでとてもありがたい。

「庭を見に来て。いろんな花が咲いてるからさ。」って誘ってくれる。建物で見えないけどお花がいっぱい咲いているらしい。見たい気持ちはあるけど、奥さんが一緒の時じゃないと見に行くのはやめようと思ってる。




「家にはこんなにたくさん花があるよ」って見せたいだけなんだけど…2階にいる奥さんにしてみればちょこちょこ話してる上に2人で庭を眺めてたらイイ気持ちはしないと思う。

「これから買い物に行かなきゃなら」とか「これから孫の迎えがあるから」って話を切り上げて家に入る。夫が生きていた時なら何とも思わなかったのに。

「旦那が亡くなったから・・」にショック!時々会社に来る70代後半の男性。夫のことも知っている。 少し話をしていたら、突然「下着が透けて見えるぞ?」て言う。 「これは...
「籍は入ってないから独身なんだよ。」って言われても。会社に来る業者さん。70歳くらいかな。ここのところよく話しかけられる。 最初は「旦那さん亡くなったんだって。これからは楽しみながら...

色気出してるとか誘ってるとかそんなことを言われるのも嫌だ。

私がモテるわけではなくて見る方の気持ち。未亡人って肩書きは良くも悪くもあって、それなりに気遣いしないといけないと思っている。

反対に、一人になったら身なりを構わなくなったって言われるのも嫌だから、その点も気遣いしている。

きうい

ランキングに参加しています。ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です